*

「 仕事とは 」 一覧

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった。大宮→長岡→新潟と1時間20分で到着した。東京アパートを引き払ったのでもう東京には拠点はないし、最後は贅沢に新幹線でした。缶酎ハ

続きを見る

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母親の空き家を売却する方向になっています。 このまま保持しても、コストがかかるということと、新潟市北区にあって、家のある新潟市中央区

続きを見る

アンチエイジングは、柔らかな心から

2020/07/23 | 仕事とは, 健康

アンチエイジングは、柔らかな心から 去年の今頃は豊洲でMの方と仕事していて、オリンピックのチケットが当たっただのなんだのど騒いでいたのを思い出します。今年がこうなるとは思わなかったのかもしれ

続きを見る

冗長さと、寛容さと、どふらっけ

2020/07/12 | 仕事とは, 健康

冗長さと、寛容さと、どふらっけ いつ終わるともないコロナ禍ですが、できることから起動していきましょうと思ってます。そんな中でテレビも壊れるし、メガネが合わなくなっているし、さてどう

続きを見る

外部反応型から、メッセージ駆動型へ

外部反応型から、メッセージ駆動型へ いくぶん哲学的な表題なんだけど、アフターコロナとか、WITHコロナとか言っているけど、なんか曖昧だなと思ってます。 私は基本的にはシステムエンジニアなんです

続きを見る

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のようなフリーランスエンジニアはあまり生活の変化はありません。朝起きて、TVみて、コアワーキングスペースに

続きを見る

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが、ふたつのタイプがいます。 経理を身内(多くは奥さん)にまかせている人 経理に関わって、資金繰り

続きを見る

リモートワーカーと孤独 

リモートワーカーの孤独対策 完全フルリモートで働いて3か月ほど。最近はコロナウイルス関連で、リモートオフィスがにぎわっているけど、人により向き不向きがあるかなと思います。私は、やむにやまれず

続きを見る

「今でしょ」と言えるか、コーリングの意味を考える

教壇に復帰する私はコーリングについて考察する 年末から、副業で講師をやっています。いままで、西東京のほうでやっていたのですが、遠いので今年の1月に辞めたのですが、その前に1年ほど東東京でほうで

続きを見る

また、新潟の家に帰れなくなりました

いいこともあるし、わるいこともあるし 新年も明けて、通常バージョン。あいかわらずの日常。年末、仲たがいしていた友人ともなんとか和解できたとか、いいことはあるんだけど、健康保険が任意継続から国保

続きを見る

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑