*

アンチエイジングは、柔らかな心から

公開日: : 最終更新日:2020/08/02 仕事とは, 健康

アンチエイジングは、柔らかな心から

去年の今頃は豊洲でMの方と仕事していて、オリンピックのチケットが当たっただのなんだのど騒いでいたのを思い出します。今年がこうなるとは思わなかったのかもしれません。そんな中で通勤中に本を読むようになりました。私もまだまだ、働かなければなりません。池袋の駅中の書店で「九十三歳の関ヶ原 弓大将 大島光義」を買って読みました。

大島 光義(おおしま みつよし)は、戦国時代の武将、安土桃山時代から江戸時代初期の大名。弓の名手 いうことですが、教科書にも出てくるわけでもなく、知っている人はあまりいないのではないでしょうか。孤児から身を立て、弓の腕前で還暦すぎてから信長に重用され、秀吉、家康と天下人三代に認められて93歳で関ヶ原に参陣、97歳の長寿をもって死去。生涯53度の合戦に臨みます。死後、家督は自分と共に東軍に与した光成が継ぎましたが、関ヶ原で家を分けて東軍、西軍で戦ったこともあり、家は旗本になり廃藩となりました。

50代で子供を授かったということもあり、晩成の人だったのかもしれませんが、当時の最新兵器の鉄砲が雨の時に火薬が湿って打てないことや、鉄砲が連射が効かないこともあり、弓は兵器としても有用の時代が長かったのです。

小説では、弓のスキルが長くありながら、槍の技術も必要と、かなりの年齢にもかかわらず槍の修行に旅に出ます。一つの技術だけでなく、真摯な姿勢で教えを乞うことの重要性、家を守るためには大欲を持たず、着実に物事を考えていく姿は参考になります。「身の丈」をわきまえ、その丈を少しでも伸ばそうという思考の柔軟性は、長く働かなければいけない現代にきっと役にたつとおもっています。

関連記事

GWにやりたいことリスト(君の膵臓を食べたい風)

GW始まる 10連休ですね。金曜日の仕事は、打ち合わせがメインで、ここ一か月の進捗を報告した

記事を読む

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母親の空き家を売却する方向になっ

記事を読む

天職とか言うけれど

天職は、そんなに気高いものではないのでは   仕事とはとか、よりは「あー仕事行きたくない・・

記事を読む

道具を知ることも大事

フリーランスは道具を熟知することも大事 フリーランスとして、いろいろな仕事場にいくのですが、

記事を読む

新年明けましておめでとうございます。

今年は大きな目標を立てません。日々淡々と あけましておめでとうございます。今年もよろしくおね

記事を読む

フリーランスで大事なこと

フリーランスでは踊り場をつくることが大事 フリーランスとして、1年たちました。その前も契約社

記事を読む

また、新潟の家に帰れなくなりました

いいこともあるし、わるいこともあるし 新年も明けて、通常バージョン。あいかわらずの日常。年末

記事を読む

5連休 新潟にて

5連休 子供の引っ越しで2連休にしようと思っていましたが、仕事場が金曜日クローズするというこ

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

GW明けの憂鬱に備え成果を考える

GWの成果 新潟でグダグダしていたのですが、子供と映画にいったり、御飯食べたり、なにげない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

心が死んでいく

心が死んでいく、もう冷たい 心が死んでいます。芸能人の死がつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑