*

メール職人からのラジオ出演してみた

今回の新型コロナウィルスがもたらしているもの

更新がひさしぶりです

昨今の状況で、避難して仕事したりしていました。ただ、家族に会えませんでしたので、空き家で生活しておりました。

テレビを観る機会が多かったのですが、当然ながらリモート出演の形態が多かったですね。私自身もクローズドな生活の中でいろいろと考えることが多かったです。私自身は
リーマンショックでもたらされたものが、

企業のラボ化

だとしたら、今回の新型コロナウィルスがもたらしたものは

個人のラボ化

だと思うんですね。企業のラボ化というのは、企業が閉じこもって、付加価値を上げるべく実験室化しているということです。マルクス経済学風に言えば、「生産資本P」ともいえます。問い合わせで企業に電話すると、ガイドメッセージが流れ、ボタンを押すように促されて、延々待たされることが増えましたよね。企業が外と線引きを明確にして閉じこもり収益を上げるような管理を強めてきたのがリーマンショック以降だと思うのですが、今回の新型コロナウィルスショック以降は、個人がリモートなりで閉じこもり、外との線引きを引いて、個人の付加価値を上げるような方向になっているように思います。テレビのリモート出演はまさにそれで、1人でもどこでも付加価値をあげていかないといけない状況で、自分を演出して(マネージメントして)仕事をしていかないといけない状況になってきたと認識しています。リモートワーカーも会社や組織に癒着して成果をあげてきた姿から、自分に合った場所を見つけ、自分らしく仕事をする姿に移行する流れかと思います。なかなか難しいところもありますが。そんな、中で今日は、

メール職人から、ラジオ出演してみました

3年ほどYBC山形放送のラジオのメール職人をやらせていただいており、YBCいいのう庄内アンバサダーをやらせていただいていますが、この状況で移動がままならないので、いろいろ思索にふけることも多かったのですが、自分の付加価値をあげるために、「オーレオーレ」に電話で出演させていただきました。もう、メール職人として名前が通っておりましたので、パーソナリティの奥山さんと気持ちよくお話させていただきました。滑舌なおさないといけないな。色々課題は多かった(笑)

この自粛生活の中で、料理とか、読書とか、トレーニングとか多岐にわたっている人も多いでしょう。間違った方向でなければ自分の付加価値をあげる方向になります。そのステップを自分で楽しんでいけるようになりたいですね。

関連記事

radikoプレミアムを使い倒す

rdikoプレミアムユーザとして 私はrdikoプレミアムユーザです。ほぼ毎日聴いています

記事を読む

新年明けましておめでとうございます。

今年は大きな目標を立てません。日々淡々と あけましておめでとうございます。今年もよろしくおね

記事を読む

故郷の人口減少に思う

新潟県の人口減少 新潟県の人口 平成30年12月1日現在の県人口は2,242,514人

記事を読む

雨の東京で高校時代の友人を思う

東京にて 火曜日 雨 祝日ではあるけれど、雨。 池袋のコワーキングで1週間の契約をしているの

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

武蔵境を散策してひさしぶりの中央線を感じる

武蔵境へ メンタル含めて、4月から調子くずしているので、茶話会へ。ひさしぶりに武蔵境にきま

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

俺は本当は何もわかっていないのではないか?

長男から学んだこと 先週末、この春に大学を卒業する長男のアパートに行ってきました。いままで何

記事を読む

週末は講師やってます

週末は講師やってます 週末は八王子で講師やっています。 といっても、学習塾ですけどね。 場所

記事を読む

「今でしょ」と言えるか、コーリングの意味を考える

教壇に復帰する私はコーリングについて考察する 年末から、副業で講師をやっています。いままで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑