*

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを

こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のようなフリーランスエンジニアはあまり生活の変化はありません。朝起きて、TVみて、コアワーキングスペースに出勤して、帰宅して、食事作って、TVみて、塾講師の勉強、Jqeryの勉強して、風呂入って寝るという生活です。あまり変化がありません。

リモートワーク地方vs東京

この騒ぎ以前にリモートワークで新潟と東京の二拠点で仕事しているわけですけど、仕事をするにあたってどちらがいいとかはあまりないです。ただ、東京のコアワーキングスペースはディスプレイを無料で貸してくれたり、お菓子が無料だったりする点があったりしていいかもしれません。新潟のコアワーキングスペースは1日500円で、東京では月9900円で日割りにしたら東京のほうが安いですし、ランチも東京のほうが350円~380円と安かったりします。コスパとしては東京のほうが安いという事態がおきています。あまりお金のことは言いたくないですが、意外と言えば意外ではないでしょうか

  • 仕事環境自体は地方が空間が広いということがあるが、あまり大差ない
  • 東京のほうがコアワーキング料金、ランチ代は安い
  • 東京のほうが同じような仕事形態の人が多い分、対話できる。場合によってはいろいろ教えてもらえるかも

新潟のリモートワーク事情

友人が新潟のIT会社で社長をしているのですが、もともとリモートワークに興味があったとみて、今回の事態で新潟市でいちはやくリモートワークに踏み切ったそうです。新潟駅は意外と通勤電車は混んでいたりしますし、車で通勤しても渋滞がひどく休日に20分で通勤できるのが、平日朝は1時間かかるんです。そんな中でリモートワークで通勤の苦労が減ったようです。仕事の進め方はやはり変わったようで、そんな中で気を付けているのは

  • 朝いい時間帯で、ZOOMで顔をみて軽く打ち合わせする
  • チャットは主に困ったときに使う、その際は画面コピー、ソースなど一見してわかるものを提示する

最初は慣れていなかったみたい社員も、ツール、電話を使うにしてもZOOMで顔が見えるようにしているそうです。でも、よくよく話をきいてみると、リモートワークになる前から社員同士の対話、コミュニケーションがうまくいっていたようです。ビジネスなので、キリっとした対話はもともとできていたということです。当たり前といえば当たり前、土壌はあったということです

関連記事

人生を選択するからNASAまで考える

自分の人生を選ぶ 先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。 「ぼくたちが選べなかったこ

記事を読む

アンチエイジングは、柔らかな心から

アンチエイジングは、柔らかな心から 去年の今頃は豊洲でMの方と仕事していて、オリンピックの

記事を読む

ぞんざいなマネージャーにいつまで我慢するんだろう

口調がぞんざいでついていけない まるでヤクザだ。 端的にいいたいのはわかる。だが、口調がそん

記事を読む

新潟帰省

新潟で友人と新年会 母親の確定申告と、中条で友人との恒例の新年会でした。新潟駅から中

記事を読む

雨の東京で高校時代の友人を思う

東京にて 火曜日 雨 祝日ではあるけれど、雨。 池袋のコワーキングで1週間の契約をしているの

記事を読む

no image

やりたいこと

やりたいことを考えました ITの開発をやめる 行政書士になる 新潟に帰って仕事

記事を読む

YBCいいのう庄内アンバサダーに就任しました

YBCいいのう庄内アンバサダーに就任しました こんな時代ですが、YBCいいのう庄内アンバサダ

記事を読む

フリーランスは断ることも大事

「断る」に至るまで 正式なフリーランスになって2年目です。ありがたいことに仕事の切れ目はない

記事を読む

俺は本当は何もわかっていないのではないか?

長男から学んだこと 先週末、この春に大学を卒業する長男のアパートに行ってきました。いままで何

記事を読む

会社ってなんだろ

昨年までいた会社が、吸収された  昨今はいろんなことがありますね。やはり思うのは、会社という

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑