*

私が嫌いなフリーランスのタイプ

公開日: : フリーランス, 仕事とは, 東京にて

社長タイプのフリーランスの総合力 

フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが、ふたつのタイプがいます。

  1. 経理を身内(多くは奥さん)にまかせている人
  2. 経理に関わって、資金繰りについて考慮する人

1.はただ働いているフリーランスで、資金繰りについて関心がなく、
収入はもちろん、社会保険、年金などのうごきが無知になりがちです。収入について無知ということは、自分の今の力量や生産性についての考慮もないために、取引先ともお金の話ができません。

2.は資金繰りに頭を悩ます中小企業の社長タイプです。仕事以外に頭をつかうこと多いです。ただ、自分の仕事の世の中における位置づけもよくわかっていて、何が足りないか、どうしたらいいかなど絶えず考えています。そのため、必然的に上昇志向になります。個人事業からステップアップして、会社組織になる可能性があるフリーランスです。

私も2.のタイプなので、同じタイプ(2.)のフリーランスの方とは話も合いますし、今後のビジョンもみえてきます。ライオンズクラブみたいな感じなんでしょうか。そのせいか、1.のタイプの何も考えずに仕事をしていて、その上昇志向のなさと、仕様をユーザと詰めることなく、与えられた仕様をただ作るだけという働き方には、腹立たしさを覚えます。

私は敏感なほうなので、1.の方と数分、話しただけでだめだ、さよならという感じです。このタイプの人は、世の中を知りません。お金の流れを知らないということは、世の中ひいては人間について知らないということなのです。

私が、東京で仕事をする理由は、このフリーランスの2.のタイプが、いまのところ地方に見いだせないということです。まだまだ地方では
真のフリーランスが育っていないと思います。地方では収入先を選択できないことも影響しているとは思います。私が個人事業主から脱して、会社形態になれば、収入先も太くなり地方で常時働くことができると思いますが、今のところ機は熟していないということかもしれません。

関連記事

帰り道、子の暮らし思う秋の月

秋です。一句 秋はロマンチックな気分になりますね。特に月曜日は。 リリースで、残業の帰り道。

記事を読む

冗長さと、寛容さと、どふらっけ

冗長さと、寛容さと、どふらっけ いつ終わるともないコロナ禍ですが、できることから

記事を読む

コアワーキングで思うままに

東京にて 水曜日 晴 休み明けは少しだるいです。のどが痛いのだけれど、今日も池袋のコアワーキ

記事を読む

夏休み第一弾 故郷で酒呑んで眠る

いつものように胎内市で酒を呑み、泊まる、眠る 毎年毎年、あまり変わることをしていません。特に

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

前向きな振り返りをしてみた

今年を振り返る その3 仕事   ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなの

記事を読む

五街道の力を感じる

今にも力を残す五街道とは 思えば、昨年の1月は品川で仕事していました。でも、あまりいい仕事が

記事を読む

代々木=三方ヶ原の戦い

私にとっての三方ヶ原の戦い=代々木 徳川家康は、三方ヶ原の戦いで武田信玄にこてんぱんにやられ

記事を読む

リモートワーカーの孤独対策 メンタル編 追記

リモートワーカーの孤独対策 メンタル編 追記 ここのところの、新型コロナウィルスで外出もで

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

心が死んでいく

心が死んでいく、もう冷たい 心が死んでいます。芸能人の死がつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑