*

地方の不寛容さに思う

不寛容な人は地方に広がっているような気が

新潟と東京を行き来して仕事をしているんで、移動もそれなりにするんですが、最近思うのは東京に比べて地方のほうが優しくないかもしれないということ。もちろん、地元でスナックをやっている友人の店に行くと、それなりに優しく声をかけられたりするんだけど、なんかいまいちぶっちゃけた話ができないでいる。

みんな年齢がそれなりになってきて守るべきものが多いのはわかるけど、一言でいうと「異文化」を認めなくなっているように思う。ここでいう「異文化」っていうのは、何も移民の人だとか、留学生だとかそういうことではなく、近隣の人たちより少し外側の人たちとの距離のことなんだけど、その取り方がうまくいっていないようにみえる。自分のまわりの近隣の世界以外を認めなくなっているように思う。こちらの話をまるで聞かないのだ。自分の世界で判断しているような人が多くなっている。なにも年配の人のことを言っているのでなく、団塊世代から、50代あたりまでか。つまり、いままで自分の知っている世界でなんとかなってきた人たちの世代なんだろうけど、人の話をきかない=不寛容な感じなんだよね。

東京にいて思うのは、自分の知っている世界では全然立ち行かないことの挫折みたいなのはしょっちゅうで、そのたびに落ち込んでなんかいられないから、他人に聞きまくったり、場合によってはプライドすてて懇願するんだけれども、そこで開ける世界ってのはまた存在してて、だから偉いってわけではないけど、なんとか生きてきたよなぁ今日もという積み重ねは、他者に少しは優しくしようと思う気持ちにもなるんではないかなと思う。
こういう感覚は多分、僕が高校へ越境入学なんかしてて思ってたことにつながるんだよね。それがグローバル社会になってきて、顕在化したというか、僕が思っていたことが明らかになってきたんだと思う。越境自体→グローバルの現れってことなんだからね。
今思うのは、ほらやっぱりね。っていうフレーズなんだ。なにもしゃべらなくていいから、人の話をよく聴こうよ。

関連記事

東京 月曜 ホーム&アウェイについて考える

東京にて 月曜日 昨日、新潟から都内に高速バスで入りました。新潟でひどかった花粉症が都内では

記事を読む

no image

ブログはじめました

ブログはじめました。 新潟と東京の2拠点で生活しています。 東京ではIT関連で、企業のシ

記事を読む

やるなら今しかねぇ とりあえず

自分の力がないことを認めよう やはり、仕事ができるできないっていうのが精神状態に影響するって

記事を読む

よい人生を送るためにずる休みをすすめる理由

ずる休みについて、自分はいけないことだと思っていました。 一般的に、ずる休みって言葉からもで

記事を読む

都道府県別年収に思う

地域別(都道府県)年収に思う 新潟時代からつきあっている友人と昼休みLINEをすることが多い

記事を読む

新潟市が居場所

新潟市に帰りました 家内が車を貸してくれないので、レンタカーを借りました。12時間2500円

記事を読む

メール職人からのラジオ出演してみた

今回の新型コロナウィルスがもたらしているもの 更新がひさしぶりです 昨今の状況で、避難して仕

記事を読む

心の故郷 鶴岡へ

鶴岡へ 息子が山形での大学生活を終えて新潟大学の大学院に進学します。1年生は山形市、2年から

記事を読む

YBCいいのう庄内アンバサダーに就任しました

YBCいいのう庄内アンバサダーに就任しました こんな時代ですが、YBCいいのう庄内アンバサダ

記事を読む

パワハラより怖いかも、テクノロジー・ハラスメント(テクハラ)

新しいハラスメント テクノロジー・ハラスメント(テクハラ) パワハラ、セクハラ、モラハラとハ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑