*

地方の不寛容さに思う

不寛容な人は地方に広がっているような気が

新潟と東京を行き来して仕事をしているんで、移動もそれなりにするんですが、最近思うのは東京に比べて地方のほうが優しくないかもしれないということ。もちろん、地元でスナックをやっている友人の店に行くと、それなりに優しく声をかけられたりするんだけど、なんかいまいちぶっちゃけた話ができないでいる。

みんな年齢がそれなりになってきて守るべきものが多いのはわかるけど、一言でいうと「異文化」を認めなくなっているように思う。ここでいう「異文化」っていうのは、何も移民の人だとか、留学生だとかそういうことではなく、近隣の人たちより少し外側の人たちとの距離のことなんだけど、その取り方がうまくいっていないようにみえる。自分のまわりの近隣の世界以外を認めなくなっているように思う。こちらの話をまるで聞かないのだ。自分の世界で判断しているような人が多くなっている。なにも年配の人のことを言っているのでなく、団塊世代から、50代あたりまでか。つまり、いままで自分の知っている世界でなんとかなってきた人たちの世代なんだろうけど、人の話をきかない=不寛容な感じなんだよね。

東京にいて思うのは、自分の知っている世界では全然立ち行かないことの挫折みたいなのはしょっちゅうで、そのたびに落ち込んでなんかいられないから、他人に聞きまくったり、場合によってはプライドすてて懇願するんだけれども、そこで開ける世界ってのはまた存在してて、だから偉いってわけではないけど、なんとか生きてきたよなぁ今日もという積み重ねは、他者に少しは優しくしようと思う気持ちにもなるんではないかなと思う。
こういう感覚は多分、僕が高校へ越境入学なんかしてて思ってたことにつながるんだよね。それがグローバル社会になってきて、顕在化したというか、僕が思っていたことが明らかになってきたんだと思う。越境自体→グローバルの現れってことなんだからね。
今思うのは、ほらやっぱりね。っていうフレーズなんだ。なにもしゃべらなくていいから、人の話をよく聴こうよ。

関連記事

朝ドラ ロス

半分青い 朝ドラ 終わってしまった。泣) orz 主役の永野芽郁さんが娘に似て

記事を読む

秋葉原で旧友たちと呑み会

東京で地元呑み会で思う 先週は越境入学した高校の同窓会、昨日は地元胎内市の旧友10名ほどと秋

記事を読む

心の故郷鶴岡へ帰路

鶴岡からの帰り 私と家内は温泉好きです。子供が生まれてからもよく日帰り温泉に行きました。家内

記事を読む

radikoプレミアムを使い倒す

rdikoプレミアムユーザとして 私はrdikoプレミアムユーザです。ほぼ毎日聴いています

記事を読む

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の家に帰れないというのがジワジワ

記事を読む

すいません エロい夢みた

朝ドラぽい夢 あんまり、夢はみない。 「半分青い」が終わり、ロスっていて、「半分青い」文庫本

記事を読む

講師をしばらくお休みします

少し休もう 今日で、講師の仕事ひとまず終わります。新潟時代含め、足掛け5年ほどでしたが、とて

記事を読む

人生を選択するからNASAまで考える

自分の人生を選ぶ 先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。 「ぼくたちが選べなかったこ

記事を読む

帰り道、子の暮らし思う秋の月

秋です。一句 秋はロマンチックな気分になりますね。特に月曜日は。 リリースで、残業の帰り道。

記事を読む

古町通5番町から

新潟市→古町 2週間ぶりに新潟市へ帰りました。仕事は佳境ではありますが、来月からの仕事も決まり、長男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

心が死んでいく

心が死んでいく、もう冷たい 心が死んでいます。芸能人の死がつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑