*

雨の東京で高校時代の友人を思う

東京にて 火曜日 雨

祝日ではあるけれど、雨。 池袋のコワーキングで1週間の契約をしているので、せかっくなので行くことにする。靴を買おうとおもったけといつもの靴屋さんは休み。サービス業は休まないのかと思っていた。働き方改革なのかな

高校の同窓会のハガキを出す

高校の同窓会の出席ハガキを出す。私のいた中学からは、学区制限で行けなかったため、私の学年は私以外だれもいない。その異質性のためか、私はどこの人間かわからず、同窓会の案内も来なかった。

だが、15年ほど前から学区制限が撤廃され私の中学からも、その高校にいけるようになったため、どふらっけタウンにも同窓会の支部ができた。その支部に同窓会に出席させてくれと数度連絡して、高校の同窓会本部にも連絡してようやく出れるようになったわけです。案内ハガキもようやくついた。人は、他人がどうでもいいことに対してこだわりとか執着をもつものだ。私の高校時代の生きにくさは親も誰もわかってくれなかったと思う。でも、わかってくれる人はかならずいるので、そのこだわりを誰かに話し続けていくことも大事だと思う。人は意外と人に無関心ではあるけれど、そうではない部分もあるのだから。

高校の友人からメッセが

その高校の友人(当時はあまり話さなかったけど)が銀行を定年になり、第二の職場に出向になった。第二の職場が意外と楽しく、彼曰く「銀行より面白い」そうだ。地方銀行は収益が上げにくくなっているから、第二の職場は空気がいいのかもかもしれない。その友人とは一昨年、新潟で呑んだのだけと、支店長だった彼は驕ることなく話しやすい人間になっていた。彼に私の高校時代の生きにくさをぶつけたところ、意外にも理解してくれた。話すこっちも、以前よりは頑なではなくなったのかもしれないけれど。

その彼からメッセで、新潟にいる時間が少し多くなったらまた飲もうとメッセがあった。数行だったけどなんか気持ちがはいっていたように思う。友人関係って、やはり数年に一度はメンテナスしないとだなと思った。同じ時代を生きている友人のほうが、血縁のあるものよりも理解しあうことができる場合が多々あるのかもしれない。

関連記事

外部反応型から、メッセージ駆動型へ

外部反応型から、メッセージ駆動型へ いくぶん哲学的な表題なんだけど、アフターコロナとか、WI

記事を読む

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の家に帰れないというのがジワジワ

記事を読む

よい人生を送るためにずる休みをすすめる理由

ずる休みについて、自分はいけないことだと思っていました。 一般的に、ずる休みって言葉からもで

記事を読む

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが

記事を読む

テレワークは宇宙飛行士体験と重なるといわれているけど、そう簡単ではないと思う

テレワークは宇宙飛行士体験と重なるといわれているけど、そう簡単ではないと思う 連休ですが、外

記事を読む

五街道の力を感じる

今にも力を残す五街道とは 思えば、昨年の1月は品川で仕事していました。でも、あまりいい仕事が

記事を読む

新潟帰省が続いています

ようやく落ち着いて新潟市内散策 母の施設の用事もあるのですが、新潟に帰りたい週末です。春なん

記事を読む

都内で悩む、まーあかん(岐阜弁)

今週は都内 先週帰ったし、お金もないということもあるので週末は睡眠にあてることにした。が、

記事を読む

夏休み第一弾 故郷で酒呑んで眠る

いつものように胎内市で酒を呑み、泊まる、眠る 毎年毎年、あまり変わることをしていません。特に

記事を読む

月末恒例フリーテーマ

1月終わりかぁ つい最近、初詣を弥彦でやったと思ったら、もう1月おわりますね。ITのほうは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑