*

雨の東京で高校時代の友人を思う

東京にて 火曜日 雨

祝日ではあるけれど、雨。 池袋のコワーキングで1週間の契約をしているので、せかっくなので行くことにする。靴を買おうとおもったけといつもの靴屋さんは休み。サービス業は休まないのかと思っていた。働き方改革なのかな

高校の同窓会のハガキを出す

高校の同窓会の出席ハガキを出す。私のいた中学からは、学区制限で行けなかったため、私の学年は私以外だれもいない。その異質性のためか、私はどこの人間かわからず、同窓会の案内も来なかった。

だが、15年ほど前から学区制限が撤廃され私の中学からも、その高校にいけるようになったため、どふらっけタウンにも同窓会の支部ができた。その支部に同窓会に出席させてくれと数度連絡して、高校の同窓会本部にも連絡してようやく出れるようになったわけです。案内ハガキもようやくついた。人は、他人がどうでもいいことに対してこだわりとか執着をもつものだ。私の高校時代の生きにくさは親も誰もわかってくれなかったと思う。でも、わかってくれる人はかならずいるので、そのこだわりを誰かに話し続けていくことも大事だと思う。人は意外と人に無関心ではあるけれど、そうではない部分もあるのだから。

高校の友人からメッセが

その高校の友人(当時はあまり話さなかったけど)が銀行を定年になり、第二の職場に出向になった。第二の職場が意外と楽しく、彼曰く「銀行より面白い」そうだ。地方銀行は収益が上げにくくなっているから、第二の職場は空気がいいのかもかもしれない。その友人とは一昨年、新潟で呑んだのだけと、支店長だった彼は驕ることなく話しやすい人間になっていた。彼に私の高校時代の生きにくさをぶつけたところ、意外にも理解してくれた。話すこっちも、以前よりは頑なではなくなったのかもしれないけれど。

その彼からメッセで、新潟にいる時間が少し多くなったらまた飲もうとメッセがあった。数行だったけどなんか気持ちがはいっていたように思う。友人関係って、やはり数年に一度はメンテナスしないとだなと思った。同じ時代を生きている友人のほうが、血縁のあるものよりも理解しあうことができる場合が多々あるのかもしれない。

関連記事

夏休み第一弾 故郷で酒呑んで眠る

いつものように胎内市で酒を呑み、泊まる、眠る 毎年毎年、あまり変わることをしていません。特に

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

心の故郷鶴岡へ帰路

鶴岡からの帰り 私と家内は温泉好きです。子供が生まれてからもよく日帰り温泉に行きました。家内

記事を読む

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越します。いろいろ準備しています。

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

新潟市が居場所

新潟市に帰りました 家内が車を貸してくれないので、レンタカーを借りました。12時間2500円

記事を読む

万代橋で新潟帰郷にもう高速バスは乗れないと叫ぶ

新潟帰省 GW以来の新潟帰郷です。金曜日早退して、高速バスで新潟に戻りましたが、さすが5時

記事を読む

道具を知ることも大事

フリーランスは道具を熟知することも大事 フリーランスとして、いろいろな仕事場にいくのですが、

記事を読む

テレワークは宇宙飛行士体験と重なるといわれているけど、そう簡単ではないと思う

テレワークは宇宙飛行士体験と重なるといわれているけど、そう簡単ではないと思う 連休ですが、外

記事を読む

地方の不寛容さに思う

不寛容な人は地方に広がっているような気が 新潟と東京を行き来して仕事をしているんで、移動もそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑