*

ルサンチマンの成果は一過性のもの

公開日: : パワハラ, 仕事とは, 新潟

ルサンチマンを活かす

ルサンチマン(仏: ressentiment、 (フランス語発音: [rɛsɑ̃timɑ̃]) )は、主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つことをいう。「ル」をフランス語の定冠詞 le と誤解して「ル・サンチマン」と表記する者がいるが、誤りである(le sentimentでは単なる「感情」の意味になる)。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

と言われています。一般的にはマイナスな感情といえるでしょう。こんなマイナスな感情ですが利用の仕方によっては成果をあげることもできるのではないかと思います。

ルサンチマンな経営者

私が、「その方」にお会いしたのは、私が入社したIT会社の社長でした。パワハラの典型で、気に入らない社員には怒鳴り散らすわ、会議では発表者をつるし上げるわで、けっこう問題な社長でした。私も、御多分にもれずおこられっぱなしでした。そんな方ですので、会社は有給休暇なんてのは取得できず、健康診断なんてものもありませんでした。
そのおかげか、資本金は順調に増え、営業所も国内に増えていきました。私も、若い時であるからこそ付き合えましたけど、今はムリですね。

彼はなぜ、そこまでムリをしたのか

私は、今でも詮索好きなのですが、彼が社長になる前のことがわかりました。社長になる前に、新潟マツダのかなり優秀な営業マンで、役職は部長だったようです。そこで、かなり強引なことをやったようで、人心が離れ、そこは和を大事にする日本の会社ですから、総スカンをくったような状態だったようです。辞めさせられた状況で、自分で事業を起こすことにしたわけで、当時黎明期のコンピュータに眼をむけソフトを地道に作成して売り上げていったようです。そこには、新潟マツダに対する「ルサンチマン」があったようにおもいます。私は、まざまざと感じました。社長に新潟マツダに対する気持ちの関係が主で、社長と社員の信頼はまるでなかったために、パワハラ、福利厚生ゼロの状況だったわけです。彼の「ルサンチマン」をみると、一時的には成果はあがるかもしれないけど、安定した繁栄は「ルサンチマン」はもたらさないなと思ったものです。

関連記事

パワハラ対策 僕は負けない

パワハラ対策 どのような目にあっているか とにかくうるさい、30分毎に進捗をきいてくる 朝、

記事を読む

都道府県別年収に思う

地域別(都道府県)年収に思う 新潟時代からつきあっている友人と昼休みLINEをすることが多い

記事を読む

リモートワーカーと孤独 

リモートワーカーの孤独対策 完全フルリモートで働いて3か月ほど。最近はコロナウイルス関連で

記事を読む

単身赴任とお金を考えたら外国人労働者と共通点が理解できた

単身赴任にはお金が厳しい 世の中には単身赴任の方々も多いと思いますが、あまり裕福な生活をさ

記事を読む

フリーランスで大事なこと

フリーランスでは踊り場をつくることが大事 フリーランスとして、1年たちました。その前も契約社

記事を読む

脳を冷やすこと

携帯と同じ 脳 スマホの調子が悪い。電池がすぐなくなります。電源の減りが激しいです。すぐ、熱

記事を読む

新潟帰省が続いています

ようやく落ち着いて新潟市内散策 母の施設の用事もあるのですが、新潟に帰りたい週末です。春なん

記事を読む

東京駅に新幹線を見にいった

ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく 石川啄木の歌です。 私は東京

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母親の空き家を売却する方向になっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑