*

岩手、山形で見えた!新しい高校野球は「働き方改革」にも通じるシステムになった

公開日: : スポーツ, 仕事とは

【スポーツ 高校野球】地方大会決勝で負けている学校は次の時代を睨んでいる

今年も夏の高校野球が始まっています。野球経験者としては注目しています。注目はやはり岩手大会の大船渡高校の佐々木選手でしょう。投手としては160kmの速球を投げ込み、打者としても4番です。大リーグからもスカウトが来ていたりして注目の選手です。
残念ながら、準決勝での球数が多かったのと疲労で決勝では登板できずで、大船渡高校は花巻東に敗れて甲子園出場はなりませんでした。決勝戦に至るまで、佐々木選手は今大会4試合に登板、29回を投げ9安打2失点(自責2)、7四球、51三振(全29回で奪取)。総投球数は435。最速は4回戦でマークした160キロでした。

決勝戦での登板回避はわかるような気がします。ここで問題にしたいのは佐々木投手の登板回避は是か非かということではありません。

複数投手はもはやあたりまえ。球数制限はすぐそこ!

 岩手県の決勝戦、佐々木投手をベンチに残した大船渡高校は2人の投手で戦いました。佐々木投手をいれて大船渡高校は3人の投手を擁していたわけです。実力としては3人の実力は等しいわけではなかったようですが、ひと頃の高校野球に比べたら力は平均化へと向かっていたように見えます。これはおそらく、球数制限(1人100球)に向けての準備を行っていたのではないかと思っています。

おそらく高校野球のいわゆる「強い」チームは、投手で4番の選手がけん引して甲子園に行くというスタイルではなく、複数の投手が多くの球数を投げるのではなく、持ち味をだして勝っていくスタイル。コンピュータでいえばサーバーがダウンしても、切り替えていけるような「システム」を持っているチームなのでしょう。そういう意味では、大船渡高校の監督、コーチはその理想となるチームではなかったので甲子園に行けなくても諦めがつくというように思っているのではないか。いや選手もそのように思っているようにみえる

岩手大会だけではない。意外にも東北で新システムが浸透

私が注目したのは山形大会です。山形大会決勝で鶴岡東が山形中央を11-7で破り、3年ぶり6度目の甲子園出場を決めた。この試合で鶴岡東 は3人の投手、山形中央は4人の投手(ワンポイントで延べ5人)が投げた。試合は拮抗してので当たり前に勝ちにいった継投なのだが、radikoできいていたのだが、ここで投手を変えるのかという切り替え、そのタイミングは暑さの中での球数のように思えた。疲労を積み重ねた投手を投げさえるのではなく、球数を重ねず投手を使っていく方法は、無駄な残業をしない「働き方改革」にも似た試合展開だった。考える野球というか新しい野球がもうすでに始まっていた

関連記事

俺は本当は何もわかっていないのではないか?

長男から学んだこと 先週末、この春に大学を卒業する長男のアパートに行ってきました。いままで何

記事を読む

GWにやりたいことリスト(君の膵臓を食べたい風)

GW始まる 10連休ですね。金曜日の仕事は、打ち合わせがメインで、ここ一か月の進捗を報告した

記事を読む

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが

記事を読む

人生を選択するからNASAまで考える

自分の人生を選ぶ 先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。 「ぼくたちが選べなかったこ

記事を読む

単身赴任とお金を考えたら外国人労働者と共通点が理解できた

単身赴任にはお金が厳しい 世の中には単身赴任の方々も多いと思いますが、あまり裕福な生活をさ

記事を読む

HSPのひとは、ある種のキーワードが有効

HSPとは 「HSP」とは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensit

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった。大宮→長岡→新潟と1時間20

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑