*

岩手、山形で見えた!新しい高校野球は「働き方改革」にも通じるシステムになった

公開日: : スポーツ, 仕事とは

【スポーツ 高校野球】地方大会決勝で負けている学校は次の時代を睨んでいる

今年も夏の高校野球が始まっています。野球経験者としては注目しています。注目はやはり岩手大会の大船渡高校の佐々木選手でしょう。投手としては160kmの速球を投げ込み、打者としても4番です。大リーグからもスカウトが来ていたりして注目の選手です。
残念ながら、準決勝での球数が多かったのと疲労で決勝では登板できずで、大船渡高校は花巻東に敗れて甲子園出場はなりませんでした。決勝戦に至るまで、佐々木選手は今大会4試合に登板、29回を投げ9安打2失点(自責2)、7四球、51三振(全29回で奪取)。総投球数は435。最速は4回戦でマークした160キロでした。

決勝戦での登板回避はわかるような気がします。ここで問題にしたいのは佐々木投手の登板回避は是か非かということではありません。

複数投手はもはやあたりまえ。球数制限はすぐそこ!

 岩手県の決勝戦、佐々木投手をベンチに残した大船渡高校は2人の投手で戦いました。佐々木投手をいれて大船渡高校は3人の投手を擁していたわけです。実力としては3人の実力は等しいわけではなかったようですが、ひと頃の高校野球に比べたら力は平均化へと向かっていたように見えます。これはおそらく、球数制限(1人100球)に向けての準備を行っていたのではないかと思っています。

おそらく高校野球のいわゆる「強い」チームは、投手で4番の選手がけん引して甲子園に行くというスタイルではなく、複数の投手が多くの球数を投げるのではなく、持ち味をだして勝っていくスタイル。コンピュータでいえばサーバーがダウンしても、切り替えていけるような「システム」を持っているチームなのでしょう。そういう意味では、大船渡高校の監督、コーチはその理想となるチームではなかったので甲子園に行けなくても諦めがつくというように思っているのではないか。いや選手もそのように思っているようにみえる

岩手大会だけではない。意外にも東北で新システムが浸透

私が注目したのは山形大会です。山形大会決勝で鶴岡東が山形中央を11-7で破り、3年ぶり6度目の甲子園出場を決めた。この試合で鶴岡東 は3人の投手、山形中央は4人の投手(ワンポイントで延べ5人)が投げた。試合は拮抗してので当たり前に勝ちにいった継投なのだが、radikoできいていたのだが、ここで投手を変えるのかという切り替え、そのタイミングは暑さの中での球数のように思えた。疲労を積み重ねた投手を投げさえるのではなく、球数を重ねず投手を使っていく方法は、無駄な残業をしない「働き方改革」にも似た試合展開だった。考える野球というか新しい野球がもうすでに始まっていた

関連記事

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母親の空き家を売却する方向になっ

記事を読む

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが

記事を読む

前向きな振り返りをしてみた

今年を振り返る その3 仕事   ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなの

記事を読む

会社ってなんだろ

昨年までいた会社が、吸収された  昨今はいろんなことがありますね。やはり思うのは、会社という

記事を読む

今年を振り返りたくないけど、振り返る

今年を振り返る その1 お金 今年の流行語大賞も出たことではありますが、私はあまりいいい1年

記事を読む

脳を冷やすこと

携帯と同じ 脳 スマホの調子が悪い。電池がすぐなくなります。電源の減りが激しいです。すぐ、熱

記事を読む

都道府県別年収に思う

地域別(都道府県)年収に思う 新潟時代からつきあっている友人と昼休みLINEをすることが多い

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

やるなら今しかねぇ とりあえず

自分の力がないことを認めよう やはり、仕事ができるできないっていうのが精神状態に影響するって

記事を読む

新潟(市)のお盆(いいこと)

新潟のお盆 正確には新潟のお盆です。お盆ですが暑くて毎食、外食でした。支払いはもちろん私です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑