*

人生を選択するからNASAまで考える

公開日: : 仕事とは, 家族, 故郷

自分の人生を選ぶ

先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。
「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。」
 幡野広志 著

作者は 34歳のときに治らないがんの告知を受けて以来の気づき
を記述したものだが、それが心に刺さってくる

子どもの頃って、どうしても選ぶことができないけど
大人になったり、病気で人生が短くなってくると、
じつはなんでも選べるし、選ばないといけないんですよね。
生きにくさを感じている人に、生きやすさを感じてもらえることを願っています。
(タイトルによせた著者)」

子供の頃は難しいけど、ある程度大人になれば自分が選ぶことは些細なこを含めて可能ですね。私なんか毎日仕事に行きたくないのですが、いままでは罪悪感でメールで、「遅れます 申し訳ありません」とか打っていたんですけど、最近は申し訳ありませんは。打たないようにしています。なぜなら、遅れるというか、遅刻するってことは自分で選び取っていることですからね。

NASAの家族に対する考え

「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。」に記載があったことで、NASAの家族に対する考え。宇宙活動するNASAの職員が気兼ねなくというか、心配なく活躍してもらうために、職員の家族に対して招待したり、気配りしたりするわけですが、NASAはその家族を分けているそうです。まぁ、遠い親戚が家族面して、NASAのセンターを見たいとか言ってもこまるんでしょうね。ではその分類は。

  • 直系的家族
  • それ以外の家族
直系的家族

NASAの職員の配偶者、子供、子供の配偶者まで。いかにもアメリカらしい定義のように思います

それ以外の家族

それ以外といえば、どうでもいいようですがそうでない。親、兄弟がそれにあたります。

直系的な家族に親が入っていないのは日本人の感覚からしたらおかしいかもですが、本題ともらむんですが、配偶者って選べますよね。人生の中に選択した結果の存在であり、子供たちもその結果の存在ということです。あと、欧米的な考えでは時間は未来志向で自分以降の歴史的な存在といえば子供が中心なんでしょうね。
「人生を選択する」が主題のこの本は私は立ち読みしただけなんですけど、心に響いてしかたない。

関連記事

やるなら今しかねぇ とりあえず

自分の力がないことを認めよう やはり、仕事ができるできないっていうのが精神状態に影響するって

記事を読む

今年を振り返りたくないけど、振り返る

今年を振り返る その1 お金 今年の流行語大賞も出たことではありますが、私はあまりいいい1年

記事を読む

天職とか言うけれど

天職は、そんなに気高いものではないのでは   仕事とはとか、よりは「あー仕事行きたくない・・

記事を読む

悩みは続く

これから日々がんばろう(一人でなく) 更新が遅れていて申し訳ありません。自分に対して言ってま

記事を読む

都道府県別年収に思う

地域別(都道府県)年収に思う 新潟時代からつきあっている友人と昼休みLINEをすることが多い

記事を読む

「今でしょ」と言えるか、コーリングの意味を考える

教壇に復帰する私はコーリングについて考察する 年末から、副業で講師をやっています。いままで、

記事を読む

GW明けの憂鬱に備え成果を考える

GWの成果 新潟でグダグダしていたのですが、子供と映画にいったり、御飯食べたり、なにげない

記事を読む

道具を知ることも大事

フリーランスは道具を熟知することも大事 フリーランスとして、いろいろな仕事場にいくのですが、

記事を読む

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまでですが、なにをするにも億劫でし

記事を読む

秋葉原で旧友たちと呑み会

東京で地元呑み会で思う 先週は越境入学した高校の同窓会、昨日は地元胎内市の旧友10名ほどと秋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑