*

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所

「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われるようになったんだけど。「居場所」ってなんだろ。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると

居場所(いばしょ)とは、居るところ、また、座るところのことであり、自分が存在する場所のことである。自分の持っている能力を一番発揮できる分野を指すこともある。

とあります。
「自分の持っている能力を一番発揮できる分野」といえば仕事分野ともいえるのかなと。
物理的な位置をしては、自分の住んでいるところということだろうけど、私はだいたいの平日は都内にいて、月2回週末を新潟に帰っています。でも納税地は新潟市だし、いわゆる「家」も新潟市です。こういう場合は物理的な居場所ってどこだろうか?と考えることがあります。そうなると都内ってことなんだろうかな。

参考までに、プリ野球チームを調べてみると1球団は143試合を年間行うとして、 リーグ内対戦 = 125試合、セ・パ交流戦 = 18試合で、そのうちリーグ内対戦の内訳は、だいたいホーム63試合・ビジター62試合ということで、62試合をアウェイでおこなうということは、半分がいわゆるホームですね。

となると、仕事をおこなっている日数の半分の場所がホームになるんですね。うーん、そうなると、やはり私のホームは都内なのか・・orz

誤魔化しようもなく、心情的には新潟がやはりホームですので、この比率をなんとか逆転させて、プロ野球チーム並みにすることが当面の目標かと思います。

思えばあの頃も

プロフィールにも書いているかもですが、こんな生活は以前もやっていたのでした。高校時代です。私は親の都合で越境入学で電車で20分ほどする高校に行ってました。親と一緒にくらすために引っ越して電車通学してましたけど、友人もいなく環境に馴染めずに、週末は転居する前に親戚の家に帰って、平日は引っ越した先に帰るということでした。この場合もホームは引っ越し先でしたけど、心情的なホームは土日を過ごす、引っ越す前の場所でした。こんな生活のために大学受験は失敗するわ、メンタルは病むはで大変な高校生活でした。

高校自体は面白かったのですが、生活の基盤が落ち着かないかぎりは仕事も、勉強もうまくいきようがないと思っています。

人間らしい生活へ

理念とか、理想のために頑張るってのは、どこかムリをしているわけで自然な姿ではないなと最近思います。働き方改革ってのもそこに関連するのかもしれませんし。そういう意味では、もう頑張るのはだではなく、楽しんで淡々とやるってことを目標にすべきじゃないでしょうか。ムリしてまでやらなければいけないことは、本当にやる意義があるのかなと自問自答することも必要でしょうし、その結果降りるっていうこともOKだと思います。辞めるっていう表現はあまりしたくないんです。蜂は仕事として花から蜜をとってきますし、鳥は仕事として巣をつくるでしょうし、人間も仕事は人間という生命体としてやれることをやるべきなんでしょう。人間の仕事だけが特別なことではないのですから。

関連記事

新潟帰省2日目

@新潟です  新幹線は、いつの間にか大宮から乗るようになった。東京まで出る意味がないかな。池

記事を読む

新潟で気づいた、眠りの大切さ

3連休 今週末は講師をお休みして、新潟に帰省しています。 どうも、 本業ITの疲れがとれずに

記事を読む

HSPのひとは、ある種のキーワードが有効

HSPとは 「HSP」とは、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensit

記事を読む

GW明けの憂鬱に備え成果を考える

GWの成果 新潟でグダグダしていたのですが、子供と映画にいったり、御飯食べたり、なにげない

記事を読む

radiko プレミアムで聴く推奨局

radiko プレミアムとは >radikoはPC、スマホでラジオが聴けるアプリなんで

記事を読む

帰り道、子の暮らし思う秋の月

秋です。一句 秋はロマンチックな気分になりますね。特に月曜日は。 リリースで、残業の帰り道。

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

新年明けましておめでとうございます。

今年は大きな目標を立てません。日々淡々と あけましておめでとうございます。今年もよろしくおね

記事を読む

また、新潟の家に帰れなくなりました

いいこともあるし、わるいこともあるし 新年も明けて、通常バージョン。あいかわらずの日常。年末

記事を読む

今年をまたも振り返る

今年を振り返る その2 旅 「仕事」といいたいところですが、これはあいかわらず毎年のことなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑