*

都内で悩む、まーあかん(岐阜弁)

公開日: : メンタル病, 単身生活, 東京にて

スポンサーリンク

今週は都内

先週帰ったし、お金もないということもあるので週末は睡眠にあてることにした。が、家内から朝から電話があって起こされる。なんでも、私が長男に学会の交通費とか、山形の交通費とか、たまにコンタクトを買ってあげているのが気にくわないらしい。そんな莫大な十何万もあげているわけではないのだけれど、娘もいるのでバランスを考えてくれとのことなのかと、息子は3月末まで山形で一人暮らしだったのもあり、大変だろうと折をみてやっていたことだけれど、一方的に言われるとなんだかなとも思う。おかげでブルーな週末を迎えていることになります。

わかりあえない人間はいると思いますが

話し合うにも、間髪入れない不寛容さにはいささか辟易したので、息子の大学院の手続きもあるし、仕事のWEB関連の勉強もあるので、新潟の自宅には帰れない生活になるかとも思います。さすがにここまで話して分かり合えないとなると、こちらも自衛策をとらないといけないでしょう。あまり語りたくはないのですが、私のメンタルに影響が出てくる可能性もあるので、思えばこれが代々木の会社を辞めることの遠因であったわけです。

関連記事

no image

新潟ドクターにいく

仕事がつらい毎日です。 プログラミングを仕事でやってますけど、つらいです。 この

記事を読む

心が凍っているんですけど

今日も、いつものように、心が凍っている 双極性障害という名前の診断から4年、薬ものんで、なん

記事を読む

孤独は危険だと思う

孤独は病のベースになる >イギリスのテリーザ・メイ首相は1月18日、「孤独担当大臣」のポスト

記事を読む

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまでですが、なにをするにも億劫でし

記事を読む

今年をまたも振り返る

今年を振り返る その2 旅 「仕事」といいたいところですが、これはあいかわらず毎年のことなの

記事を読む

また、新潟の家に帰れなくなりました

いいこともあるし、わるいこともあるし 新年も明けて、通常バージョン。あいかわらずの日常。年末

記事を読む

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが

記事を読む

脳を冷やすこと

携帯と同じ 脳 スマホの調子が悪い。電池がすぐなくなります。電源の減りが激しいです。すぐ、熱

記事を読む

孤独をどうにかしないと

孤独に効用はあるか ありていにいいますと、今日はずる休みしました。 3連休中には、家内と家族

記事を読む

パラレルワールドがメンタルに与える影響(私説)

パラレルワールド理論による障害説明 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などをはじめパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑