*

5連休 新潟にて

公開日: : 仕事とは

5連休

子供の引っ越しで2連休にしようと思っていましたが、仕事場が金曜日クローズするということだったので5連休になりました。仕事でいささか無理スケジュールを迫られていましたのでよかったです。

イチロー引退に思う

生きざまというのは僕にはよく分からない。生き方という風に考えれば、先ほどもお話ししましたけど、人よりも頑張るなんてことはとてもできない。あくまでも「量り」は自分の中にある。量りを使いながら、自分の限界をちょっと超えていく。そうするといつの日かこんな自分になっているんだ。少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思っているんですよね。一気に高みにいるとすると、今の自分とギャップがありすぎて、それを続けられない。地道に進むしかない。ある時は後退しかしない時もあるので、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でも、それは正解とは限らない。間違ったことを続けているかもしれない。遠回りをすることで、本当の自分に出会えると思っている。今日のゲーム後のファンの方の気持ちを見た時に、ひょっとしたらそんなところを見てくれたのかなと思います。

あくまでも「量り」は自分の中にある。量りを使いながら、自分の限界をちょっと超えていく。そうするといつの日かこんな自分になっているんだ。少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思っているんですよね

ここですね。言語がなんであれ、スケジュールがなんであれ、求められるスキルがなんであれ、「自分」でしか対応できないわけで、その「自分」をアップしていくことでしか可能性はないということでしょう。そこには、あまり「他者」は関係ないということでしょうね。そこをイチローは 「人よりも頑張るなんてことはとてもできない」言っているわけです

平成の終わりに平成を発見する

くしくも平成が終わる年に、イチローが引退しましたが。「平成」は、一言でいえば、
「努力の見える化、自己研鑽のロードマップ」で、「昭和」の「巨人の星・努力と根性論」と相対するものだった思えます。平成以前のまわりを意識して,すべてを犠牲にして他者に対して勝つ努力から、努力を見える工程にして自分の力で進んでいく(イチローは戻ることもありえると言っています)。それは、工程管理のうえに乗った工場の機械のように思えます。必然的に稼働率100%はありえまないのが実情です。社会的にはリーマンショックの影響もあったかとは思いますが、時代が変わったということでしょう。私はこの変化を支持します。

関連記事

私が嫌いなフリーランスのタイプ

社長タイプのフリーランスの総合力  フリーランスの方とお付き合いすることがも多いのですが

記事を読む

悩みは続く

これから日々がんばろう(一人でなく) 更新が遅れていて申し訳ありません。自分に対して言ってま

記事を読む

会社ってなんだろ

昨年までいた会社が、吸収された  昨今はいろんなことがありますね。やはり思うのは、会社という

記事を読む

脳を冷やすこと

携帯と同じ 脳 スマホの調子が悪い。電池がすぐなくなります。電源の減りが激しいです。すぐ、熱

記事を読む

岩手、山形で見えた!新しい高校野球は「働き方改革」にも通じるシステムになった

【スポーツ 高校野球】地方大会決勝で負けている学校は次の時代を睨んでいる 今年も夏の高校野球

記事を読む

フリーランスで大事なこと

フリーランスでは踊り場をつくることが大事 フリーランスとして、1年たちました。その前も契約社

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

故郷の人口減少に思う

新潟県の人口減少 新潟県の人口 平成30年12月1日現在の県人口は2,242,514人

記事を読む

アンチエイジングは、柔らかな心から

アンチエイジングは、柔らかな心から 去年の今頃は豊洲でMの方と仕事していて、オリンピックの

記事を読む

前向きな振り返りをしてみた

今年を振り返る その3 仕事   ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑