*

2019年の仕事

公開日: : 最終更新日:2019/01/13 仕事とは, 東京にて

東北弁癒される

 フリーランスで仕事して、1年になりました。WEB系の仕事に復帰しましたが

どうもうまくいかない1年でした。今年は3ヶ月ですが、

VB.NETの仕事をはじめました。フリーランスは、やはり厳しいですね。

短期間で結果を出さないといけません。昨年はそれで、焦ってしまいましたが、

WEB系に戻るために、何をしたらいいかわかってきました。

・Javaでいえばフレームワークの知識がない

・クライアントでのAjaxの使い方がなれていない

・Jsonに不慣れ

ということでしたね。今年はこれを克服して、仕事の合間に勉強したいです。

1月からの仕事は東北本社の東京オフィスでの作業です。東北弁がいきかいます。

なんか落ち着きますね。あまりアクセクしないで、いけそうな気がします。

当面は自分の弱点を、認めて、あげていくべく努力しようと思っています。

関連記事

週末は講師やってます

週末は講師やってます 週末は八王子で講師やっています。 といっても、学習塾ですけどね。 場所

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

諦める=どふらっけライクでいく

「半分青い」から学ぶ p>毎日、NHK朝ドラ「半分青い」をみていました。 NHK連続テ

記事を読む

故郷の人口減少に思う

新潟県の人口減少 新潟県の人口 平成30年12月1日現在の県人口は2,242,514人

記事を読む

メール職人からのラジオ出演してみた

今回の新型コロナウィルスがもたらしているもの 更新がひさしぶりです 昨今の状況で、避難して仕

記事を読む

天職とか言うけれど

天職は、そんなに気高いものではないのでは   仕事とはとか、よりは「あー仕事行きたくない・・

記事を読む

外部反応型から、メッセージ駆動型へ

外部反応型から、メッセージ駆動型へ いくぶん哲学的な表題なんだけど、アフターコロナとか、WI

記事を読む

武蔵境を散策してひさしぶりの中央線を感じる

武蔵境へ メンタル含めて、4月から調子くずしているので、茶話会へ。ひさしぶりに武蔵境にきま

記事を読む

no image

ブログはじめました

ブログはじめました。 新潟と東京の2拠点で生活しています。 東京ではIT関連で、企業のシ

記事を読む

都道府県別年収に思う

地域別(都道府県)年収に思う 新潟時代からつきあっている友人と昼休みLINEをすることが多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

僕がピアノをはじめた理由(わけ)

わたしはピアノ 12月から事務所の近くでピアノを習っています。

アウトプット重視の今後について

アウトプット重視の今後 今日まで、決算関連の整理・入力をやって

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑