*

会社ってなんだろ

公開日: : 仕事とは

昨年までいた会社が、吸収された

 昨今はいろんなことがありますね。やはり思うのは、会社というものが益々信じられないといか、人間味がなくなっていくというか、そういうことがありました。
私が昨年まで、契約社員だった会社がなんと吸収されるとのこと、社長はその親会社の副社長に就任するとのこと。
25人ほどの会社で銀座に会社があって、金融系のシステム開発の派遣みたいなことをしてて、SI業者の元で苦労しました。
SIってゼネコンみたいなとこでしたから、孫請けみたいな位置だったですね。仕事は仕事で、まあつまらなかったのですね。
それはそうと、この会社はやはり、吸収されるべき要素があったかもしれません。
思いついた点をあげてみると。

会議という名の社員旅行、イベントの打ち合わせ

月1チーム会議という打ち合わせがあって、銀座までわざわざ行きましたけど、社員旅行の打ち合わせで、行き先、見所、宿、など、旅行会社かという題材について打ち合わせてでした。
時間の無駄でしたね。不思議な会議でした。

役職がようわからんかった

社長を○○さん(○○は苗字)で呼ぶし、組織がないから、立ち位置がわからんかったです。あれって思ったのは、社員旅行に行ったとき、最後の挨拶は、普通は部長とかが軽く話しをするでしょうけど、この会社には役職がないので、延々とそれっぽい人が数名話をすることになります。
しかも、その話が長い・・・・。仲間うちって感じでした」

それなりにいいところも

まあ、会社ぽくないので、社長の○○さん(○○は苗字)のワンマンでしたから、この人の考えでだいぶ変わりました。でも、さすが金融系の会社なので、お金を借りて、給料から分割払いってこともできました。(子供の自動車学校のお金を借りました)
つまり、決まりはなくて、なんとなくで決まってました。

淘汰ということか

 一言で淘汰ということでしょうけど、経営が安定した普通の会社に吸収されるのは、いいことなのかもしれませんね。待遇とか、福利厚生がどう変わるかわかりませんけど、普通の会社に勤めることもそれはそれで大事なことだとおもいます。
大事なことは、自分にできる仕事をして、その還元としてお金を得て、自分のした仕事が世の中の役に立てば、よりいいということです。

これからは個人と社会の距離が近くなって、会社というものは、その個人と社会の間に薄く入っている、ちょうつがい みたいなものになっていくのでしょう。
より、個人のスキルをアップしていくしかないのかな。

関連記事

アンチエイジングは、柔らかな心から

アンチエイジングは、柔らかな心から 去年の今頃は豊洲でMの方と仕事していて、オリンピックの

記事を読む

また、新潟の家に帰れなくなりました

いいこともあるし、わるいこともあるし 新年も明けて、通常バージョン。あいかわらずの日常。年末

記事を読む

リモートワーカーと孤独 

リモートワーカーの孤独対策 完全フルリモートで働いて3か月ほど。最近はコロナウイルス関連で

記事を読む

冗長さと、寛容さと、どふらっけ

冗長さと、寛容さと、どふらっけ いつ終わるともないコロナ禍ですが、できることから

記事を読む

単身赴任とお金を考えたら外国人労働者と共通点が理解できた

単身赴任にはお金が厳しい 世の中には単身赴任の方々も多いと思いますが、あまり裕福な生活をさ

記事を読む

フリーランスで大事なこと

フリーランスでは踊り場をつくることが大事 フリーランスとして、1年たちました。その前も契約社

記事を読む

岩手、山形で見えた!新しい高校野球は「働き方改革」にも通じるシステムになった

【スポーツ 高校野球】地方大会決勝で負けている学校は次の時代を睨んでいる 今年も夏の高校野球

記事を読む

リモートワーク始めました

新潟でのリモートワーク 報告が遅れました。豊洲の仕事を離れました。定時に帰れるのはいいですが

記事を読む

俺は本当は何もわかっていないのではないか?

長男から学んだこと 先週末、この春に大学を卒業する長男のアパートに行ってきました。いままで何

記事を読む

ベンチャー企業は入るものではなく、創業するもの

新潟のあるベンチャー企業の今 私はベンチャー企業否定派の人間です。私は新潟で仕事をしていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑