*

天職とか言うけれど

公開日: : 最終更新日:2018/12/18 仕事とは, 未分類, 講師

天職は、そんなに気高いものではないのでは 

 仕事とはとか、よりは「あー仕事行きたくない・・」とか日々思っている。 わけですが。私は、塾の講師もしていますが、
生徒さんにはいろんな方がいます。総合的にできる生徒、理数系ができない生徒。社会の教科書をみるのも嫌な生徒。いろいろいます。
講師をやっていると、そういう生徒に対して、高圧的に教え込むのは逆効果です。宿題をやってくることはなくなるし、そもそも授業が生徒も講師も苦痛ですね。
そもそも、教育とはなんだろと、講師の身分で考えると。「education」つまり、引き出すってことなんですよね。
よく私がやるのは、対話して、問題に対する考えを引き出す。ってのもあり、クイズ形式にして、
答え(生徒の考え)を引き出すってのもありますよね。
日本語で「教育」っていうと高尚な感じですけど、「education」って言うと、生物学的な面を含めての資質を取り出すっていう、いい意味でで低レベルなこともありますね。

では、天職とは

ひるがえって、「天職」は英語では「calling」っていうと「使命」、「天命」で
個人の資質や、あるいは後の経験から他者を助けることであり、社会に貢献することができる「役目」ってことですよね。

「夜と霧」の中にこういう文面がある

「終局において、人は人生の意味は何であるかを問うべきではない。むしろ自分が人生に問われていると理解すべきである。一言で言えば、すべての人は人生に問われているのだ。自分の人生の責任を引き受けることによってしか、その問いかけに答えることはできない」

つまり、人生の意味とか、そんな高尚なものは人間レベルでも考えても仕方なく、外部から来るということだろう。
この文面と「calling」をあわせて考えると、どうも日本人にない、キリスト教の宗教観によるところが大きいような気がする。

「自分探し」「天職さがし」とか自分主体での考えは、人間の傲慢の気がします。
人間らしく、いろんなことを下世話に関心をもって動いている中で自然に、神の采配のように
「職業」とか「自分」というものが降ってくるということなので、力を要れずに、もっと自然に
生きていくべきではないかと最近思います。

関連記事

GWにやりたいことリスト(君の膵臓を食べたい風)

GW始まる 10連休ですね。金曜日の仕事は、打ち合わせがメインで、ここ一か月の進捗を報告した

記事を読む

まぁ あかん度70%

俺はもうだめかもしれない! 仕事は全然ダメダメ。 もうITなんかつまらん。 こんな調査やる気

記事を読む

新年が始まるでも、俺はまだ始まっていない

新年らしからぬ新年はじまる ここんとこ、メンタルがどうも調子わるく、新年は新潟で家族とともに

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

やるなら今しかねぇ とりあえず

自分の力がないことを認めよう やはり、仕事ができるできないっていうのが精神状態に影響するって

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

新潟帰省

新潟で友人と新年会 母親の確定申告と、中条で友人との恒例の新年会でした。新潟駅から中

記事を読む

リモートワーカーと孤独 

リモートワーカーの孤独対策 完全フルリモートで働いて3か月ほど。最近はコロナウイルス関連で

記事を読む

前向きな振り返りをしてみた

今年を振り返る その3 仕事   ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなの

記事を読む

「今でしょ」と言えるか、コーリングの意味を考える

教壇に復帰する私はコーリングについて考察する 年末から、副業で講師をやっています。いままで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

気力なく

気力なく 最近元気がありません。コロナ疲れと言えばそれまで

次のステージへ

次のステージへ 疲れているね、新潟の家族というか家に帰れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑