*

前向きな振り返りをしてみた

公開日: : 仕事とは, 単身生活, 未分類, 講師

今年を振り返る その3 仕事 

 ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなのか。

昨年まではITのほうは、金融系をやっていました。SI業者の下なので、安定はしていました

けど、ストレスは多かったですね。少しのスケジュールの遅れも許さない状態で。

今思えば無駄な時間でした。あー、今考えても、向いてないわーです。

今年は、WEBに戻りましたが、もう浦島太郎でしたね。私がやってたときは

Ajaxやjquery、Jsonとかは、なかったですからね。

結果的に仕事場は2つ経験できたのはいい経験でしたし、課題も見えました。

これからWEBの仕事をするかわかりませんけど、勉強する内容は見えました。

自分なりの努力をしていきたい

2つめで、パワハラ気味の仕事場でしたから、よくわかりましたけど、

無理な仕事場では力はつかないってことですね。圧力だけかけられてきましたが、

何のアドバイスをせずに、圧力をかける人とはあまり仕事したくないですね。

「自分は自分」、自分の理解の方法に自信を持ちたいですね。それは、講師をやって

いるという経験があるでしょうね。

教える、理解する、という流れ、特に自分の流れが通用するんだなと実感しています。

関連記事

孤独をどうにかしないと

孤独に効用はあるか ありていにいいますと、今日はずる休みしました。 3連休中には、家内と家族

記事を読む

今年をまたも振り返る

今年を振り返る その2 旅 「仕事」といいたいところですが、これはあいかわらず毎年のことなの

記事を読む

新年明けましておめでとうございます。

今年は大きな目標を立てません。日々淡々と あけましておめでとうございます。今年もよろしくおね

記事を読む

no image

日曜日嫌い

新潟に帰りたい@出稼ぎブロガーです 日曜日は落ち込みますね。サザエさんとか、ちびまる

記事を読む

天職とか言うけれど

天職は、そんなに気高いものではないのでは   仕事とはとか、よりは「あー仕事行きたくない・・

記事を読む

人生を選択するからNASAまで考える

自分の人生を選ぶ 先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。 「ぼくたちが選べなかったこ

記事を読む

no image

今週末は都内

↑新潟です。関係なくてごめん 昨日は八王子で講師のあとで川崎で新潟で一緒に仕事をしていた人と

記事を読む

道具を知ることも大事

フリーランスは道具を熟知することも大事 フリーランスとして、いろいろな仕事場にいくのですが、

記事を読む

秋はいい季節だけど花粉症がね

秋口は最低に調子が悪い 私は、アレルギーもってまして、対象はブタクサです。秋口になると咳、く

記事を読む

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得などの所用で帰りました。最近よ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑