*

代々木=三方ヶ原の戦い

公開日: : 仕事とは, 単身生活, 東京にて

私にとっての三方ヶ原の戦い=代々木

徳川家康は、三方ヶ原の戦いで武田信玄にこてんぱんにやられましたが、その後、見事に天下人となりました。そのときに通称「顰像(しかみぞう)」というこの肖像画をかかせたといいます

要は敗戦を自らの戒めとするためといわれています。
それだけ、自分を冷めてみて、いつかはこの借りを返そうと思ったのでしょうね。

私にとっての三方ヶ原は代々木です。代々木に本社がある会社で役員になりましたが、家庭の問題もあり、精神的に追い詰められていたせいか、社長の悪口をブログに書いてしまい、社長に解雇されてしまいました。

私は家康ほど、できた人間ではありませんでしたから、当時の気持ちを落ち着いて俯瞰することもできませんでした。正直死のうと思ったりしましたし、周りや自分を分析することもできませんでしたね。

いまでこそ、家庭の問題や、当時新潟センターの責任者だった私がどうがんばっても、新潟に仕事や人を割りふる流れをかんじれなかった社長にたいして思うところがありました。

私を解雇したあと、社長は3年後亡くなり、奥様も亡くなり、息子が社長になりました。新潟センターはなくなりました。そして代々木の本社は松本に移りました。私が、あの会社にいてどこまでやれたかはわかりませんが、やりがいをもって生きていたとは思います。

私にとって三方ヶ原、この代々木は私の精神を落ち着かせる場所となっています。

関連記事

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

前向きな振り返りをしてみた

今年を振り返る その3 仕事   ようやく「仕事」です。あまり、触れたくないような、どうなの

記事を読む

今はやりのリモートワークのコツ

今こそ健全なリモートワークを こんな時代です、巷でリモートワークが行われていますが、私のよう

記事を読む

フリーランスは断ることも大事

「断る」に至るまで 正式なフリーランスになって2年目です。ありがたいことに仕事の切れ目はない

記事を読む

人生を選択するからNASAまで考える

自分の人生を選ぶ 先週、ジュンク堂で偶然みた本が気になっている。 「ぼくたちが選べなかったこ

記事を読む

「今でしょ」と言えるか、コーリングの意味を考える

教壇に復帰する私はコーリングについて考察する 年末から、副業で講師をやっています。いままで、

記事を読む

外部反応型から、メッセージ駆動型へ

外部反応型から、メッセージ駆動型へ いくぶん哲学的な表題なんだけど、アフターコロナとか、WI

記事を読む

「素顔のままで」 に涙

https://www.youtube.com/watch?v=4XoZvPPXcxM な

記事を読む

今年もみる「サマーウォーズ」で家族について考える

今年もみてしまいました 今年の夏もみてしまいました。「サマーウォーズ」 TVですが、今回はノ

記事を読む

やるなら今しかねぇ とりあえず

自分の力がないことを認めよう やはり、仕事ができるできないっていうのが精神状態に影響するって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

心が死んでいく

心が死んでいく、もう冷たい 心が死んでいます。芸能人の死がつ

→もっと見る

PAGE TOP ↑