*

これから日本海へ

公開日: : 新潟

週末パスで行く、新潟 山形

「週末パスは、JR東日本の女川、小牛田、くりこま高原、湯沢、酒田以南の全路線に自由に乗ることができるフリーきっぷです。JR線のほか、会津鉄道、富士急行、北越急行、えちごトキめき鉄道などの地方私鉄14社の路線にも乗ることができます。

新幹線については、東北新幹線の東京−くりこま高原間と、北陸新幹線の東京−上越妙高間、上越新幹線と山形新幹線の全線に乗ることができます。ただし、新幹線特急券は別に買わないといけないので、新幹線が乗り放題というわけではありません。また、東海道新幹線は一切利用できません。

有効期間は土休日の2日間、値段は大人8,730円、子供2,560円です。子供料金がきわめて安いのが特徴です。購入は利用日の前日までです。利用日当日は購入できません。また、ゴールデンウィークとお盆の期間は、土日であっても利用できません。

発売はJR東日本の駅窓口です。券売機でも購入することができます。

 ということで行ってきます。
新潟で、母の顔をみて、山形の鶴岡で長男と酒のんできます。

関連記事

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった。大宮→長岡→新潟と1時間20

記事を読む

心の故郷 鶴岡へ

鶴岡へ 息子が山形での大学生活を終えて新潟大学の大学院に進学します。1年生は山形市、2年から

記事を読む

新潟帰省2日目

@新潟です  新幹線は、いつの間にか大宮から乗るようになった。東京まで出る意味がないかな。池

記事を読む

新潟帰還へ進む

新潟帰還プロジェクト いつも始動しているプロジェクトですが、ここにきて明示的に旗を振る必要が

記事を読む

GW明けの憂鬱に備え成果を考える

GWの成果 新潟でグダグダしていたのですが、子供と映画にいったり、御飯食べたり、なにげない

記事を読む

医師の同級生と呑む

友人医師と呑みました 高校2年の時の同級生2人と新潟駅前で呑みました。 1人は新潟

記事を読む

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1か月半になりました。新潟らしい

記事を読む

居場所からホームの意味を考える

いわゆる 居場所 「自分の居場所はここだ」とか「自分の居場所がみつかった」とかここ数年言われ

記事を読む

新潟市が居場所

新潟市に帰りました 家内が車を貸してくれないので、レンタカーを借りました。12時間2500円

記事を読む

故郷の人口減少に思う

新潟県の人口減少 新潟県の人口 平成30年12月1日現在の県人口は2,242,514人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

僕がピアノをはじめた理由(わけ)

わたしはピアノ 12月から事務所の近くでピアノを習っています。

アウトプット重視の今後について

アウトプット重視の今後 今日まで、決算関連の整理・入力をやって

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編

引き算のライフスタイルについて その1 物理的編 新潟に戻り1

新年あけましておめでとございます。今年はラボ中心の生活になるかと思います。

今年はラボの生活になると思います あけましておめでとうございま

ニーチェの言葉から自粛生活にやるべきことを探った

自粛生活に何をしたかが問われる 写真は新潟市の萬代橋の冬です。

弊社1人の忘年会 IN 山形

弊社の1人の忘年会 今年はいろいろありすぎて、気の休まることが

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか

個人にも非常事態宣言はあっていいのではないか 今年は4月から5

そして僕は仕様書を書き続ける(♬そして僕は途方に暮れる風)

どんな開発手法であれ仕様書は必要 なぁなぁで開発をしていると「

新潟生活2週間

新潟帰還2週間のルーチン 新潟に戻って2週間、日々変わらない生

さよなら東京(ガミラスからの帰還(古い(笑)))

もう移動したくない心境 東京からの引っ越しの帰還は新幹線だった

引っ越し先の新潟市へGOTO

GOTOで新潟にGOTOしました 新潟市です。母親の住民票取得

新潟市に帰ります。何もかもみな懐かしい

新潟市に引っ越します 来月から新潟市に引っ越し

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都市の何区に住む?という問いってあまりないですよね?

東京のどこ(何区)に住む?という特集はありますけど、政令指定都

今後のこと

3月以降のなりゆき あいかわらず雑文です。 いろいろ考えて、母

リモートワーカーの自殺率を懸念する

著しく楽しくない リモートワーカーの自殺率を懸念する 毎日ネ

さようならリモートワーク

さようならリモートワーク 最近は、やはり新潟の

→もっと見る

PAGE TOP ↑